当日編~Wackenの楽しみ方~

近くのテントの人と仲良くなっておく

テントに到着したら周囲の人に挨拶してみましょう。できれば仲良くなっておくと楽しさ倍増ですね。

ドイツ語は「グーテンターク(こんちは)」と「ダンケ(あんがと)」くらい覚えておけば大丈夫で、あとは片言の英語でなんとかなります。「Where are you from?(何人?)」とか「What is your favorite bands?(どのバンドが好き?)」とか根掘り葉掘り聞いてみましょう。何でもいいので話を振ってみるのが肝心です。

どの位置で鑑賞するのがいいか

ステージに近いほど盛り上がりますが音のバランスが悪くなることがあります。その辺も考慮しながら決めましょう。目当てのバンドを間近で見たい場合は前のバンドが演奏している時点で移動する必要があります。あと、どの位置でもドイツ人の背が高くてステージが見えない場合もありますので注意。

食事・お酒はどんなものがあるか

本場のソーセージは別格ですが、そのほかにもハンバーガー、ケバブ、麺ものなどいろいろな食べ物があります。価格はビールが5ユーロ、食べ物が4~8ユーロくらい。ビールはコップを返すと1ユーロ安くなるっぽいです。

トイレ・シャワーはどうする?

トイレもシャワーも会場に設置されています。トイレはまず並ぶので限界ギリギリで駆け込むのは自殺行為です。余裕をもっていくようにしてください。あとは食べ過ぎ・飲みすぎにも注意すること。

ちなみにキャンプエリアのトイレは水洗なのできれいでしたが、ステージエリアは…お察しください。

体調管理はしっかりと

Wackenは長丁場のフェスですし、慣れない環境ということもあって体調を崩す可能性があります。疲れたり違和感があった時は迷わず休憩を。また、スラッシュやエクストリーム系のバンドでは大規模なモッシュやサークルピットが発生する可能性が高いので、不意に巻き込まれてケガをすることがないように気を付けましょう。